スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | スポンサードリンク |

プール雲。

 

先日行った、「金沢21世紀美術館」。
みんな写真を撮らずにいられなくなる、あれです。

通称、「プール」。
正式には、「スイミング・プール」(レアンドロ・エルリッヒ)

プールの底に人がいるように見える素敵な作品です。
上から見るとこんな感じなんです。

そして、底から見ると…



水面に人がゆらゆら見えます。

どんな構造かと思う前に、ワクワクしてしまいます。
3mのプールで溺れた時、見た風景と同じでしたよ(笑)
底に行くには有料なのでご注意を。
有料でもいい!と思えますが。



「雲を測る男」(ヤン・ファーブル)
ヤン・ファーブルの作品が好きなのです。
ちょうどいい感じの雲が来た時にパシャリ。
「プール」もお目当てでしたが、これも見たくて。
建物の上で頑張ってはります。

気が付いたら、自分の写真1枚しか撮ってない・・・
建物か風景かみたいになってました。
だってさぁ、面白いものが目白押しだったんですもの。

いいですよね、そんな旅も。
普通あり得ないとしてもさ。



水に文字を書いてみてもさ。
| おでかけ。 | 20:12 | comments(0) | ワタナベ |

あとみいし。

ところで。
ちょっくら金沢に行って来ました。
愛知→富山→石川と巡って参りました。
最大の目的は・・・

金沢21世紀美術館!!


噂に違わぬ素敵なところです。
1日居ても・・・たぶん飽きない!
好きな現代美術の作家、ヤン・ファーブルの展覧会を見てきました。
あと、人気のプールも!!!



そして郷土料理。
作ったことがあるのに、どこの料理か不明だった「治部煮」。
鴨肉・生麩・野菜が入って、トロトロ。
おだしまで全部頂きました。



珍しいことに、秋刀魚のお刺身も頂きました。
新鮮って、大切。

そんなこんなで、楽しかったです。
たまたま取ったホテルも綺麗で素敵でしたし。

富山は環水公園にあるスタバと噂の塔に。
塔で糸電話してきました。
めんどくさくなって、向こうの塔に叫びましたが(笑)



『富岩運河環水公園』が正式名称です。
赤い糸の糸電話。
愛の告白スポットらしいのですが・・・
叫んだし、知らんかったし。
けど、素敵ですね。

堪能したとは、このことだわ。
旅はいいものです。
ほんとに。






| おでかけ。 | 21:52 | comments(0) | ワタナベ |

なじょー。

Image840.jpg
しゃちほこ。
みんな触ろうとしてました。
触るのはそこじゃないって、誰も言わぬ。

昨日、名古屋城へ。
そしてそのまま京都に帰ってきました。

2回目の名古屋城だと思うのですが、自信なし。
20年前の事は覚えていません。
行ったのかな…、テレビ塔は行ったんやけど。

もてなし隊の織田信長に遭遇しました。
しかし、全く写真を撮らず。
歴女ではないということが、この日判明いたしました。
歴史好きやけど、科目として好きなだけです。
剣術の稽古をしていた信長さまの近くには、
女子たちが静かにその様子を撮影していました。
不思議、風景。

平和です、名古屋城。
天守閣から地下に行かないとトイレがない以外は(笑)
| おでかけ。 | 23:56 | comments(0) | ワタナベ |

合間にに。

若人たちに現実を売る仕事の合間に、愛知におります。
ワタナベin愛知なのでございます。
しばらくブログを休んでました(´Д`)ふふふ。

16日に名古屋でニットの『踊るワンパラグラフ2010』を、
今日は豊田市美術館で『村瀬恭子展』、
岡崎市美術博物館で『近代日本画にみる女性の美』を観ました。

岡崎市美術博物館付近では「クラシックカー大集合」的なイベントを目の当たりにしました。
アメ車が走り捲くり、不思議な形の車が走って走って。
今の車とは明らかに違うエンジン音が素敵でした。

観たもの、見たもの、外れなし。
珍しいことでござんす。

明日京都に帰りますよ。
でもちょっくら名古屋城に寄ってきます。
| おでかけ。 | 23:26 | comments(0) | ワタナベ |

アトあい。

Image802.jpg
朱く、だらん。
でもだらだらしてません。


先日、愛知に行ってまして。
「愛知アートの森」という現代アートのイベントを観てきました。
愛知県の6ヶ所で行われているイベントでございます。
行ったのは、広小路会場と堀川会場でした。


撮影可能なイベントの時に毎回デジカメを忘れます。
不甲斐ないことです。
そしてこんな時に限って、携帯カメラのメモリーは足りなく…


朱いだらんくんは、正式にはそんな作品名でなく、
庄司達さんという方の作品でございます。
めっちゃ眼力のあるおじ様のようです。
いろいろあって、これがお目当てという感じでしたの。

ふふふφ(.. )
| おでかけ。 | 14:29 | comments(0) | ワタナベ |

なんたん。

Image760.jpg
ちょこっと遠出してきました。
甲南SAのキャラクター、可愛すぎます。
タヌキな上に忍者とは…やるな甲南。


遠出をするとかなりの確率で遭遇するTV番組。

「スジナシ」

笑福亭釣瓶が脚本無しで役者とお芝居をする番組なのです。
これがすごく面白い!

昨日のゲストは三谷幸喜でしたが、
これがまた面白くて目が離せませんでした。
エチュードの決まりを知っての仕掛け方が上手で。
いやいや、真似できませんよ(´Д`)


鬼平犯科帳スペシャルも見られたし、
好きだった海外スパイドラマも見られたし。

意外に充実して濃密な遠出でした。
また来月ですな。
| おでかけ。 | 23:13 | comments(0) | ワタナベ |

ひこねこ。

Image741.jpg
であひ。






ついに出会いました。


「ひこにゃん」


前にいたお子様。
「ねこー」とひこにゃんを呼んでいました。
確かに、白い猫ちゃんですね。


彦根城もしっかり見てきました。
ひこにゃんもいいけど、城もよいですよ。


次はデジカメ持参で!
またしても忘れたというワタナベでした。


この数日で気持ちの充電してきました。
やるぜ、あたいは。
試験もお芝居も。
仕事はちょいと置いておきましょうか(笑)
| おでかけ。 | 23:23 | comments(0) | ワタナベ |

揚げあげて。

Image699.jpg
しばらくぶりは、パンダです。
「揚げパンダ」くんです。
後ろには角煮サンドが控えて、
揚げパンダのふりをしてるとか何とか。


すみません、東京に行きました。
東京というか、千葉だし、
千葉というか鼠的な所へ行ってきました。


体の左側ばかり日焼けをし、
自分が参加型イベントが好きなことを実感。
叫んだり、水かけられたり、踊ったり。
楽しかった。
楽しかったけど、働く人たちの苦労を感じてしまいました。

お客さんは楽しいけど、大変やで(´Д`)
夢の国を支える現実の人の苦労。
計り知れない…


揚げパンダも思えば大変なのだ。
と思うと、残さず食べたくなります。

今度は夢ではない、東京に行きたいですね。
会いたい人に会いに行きたいなぁ(^-^)
| おでかけ。 | 23:29 | comments(0) | ワタナベ |

じっしょく。

Image672.jpg


そうです。「みんぱく」に行って来たのです。
『千家十職(せんけじっしょく)』という企画を観ました。

何だい、それは?
すごく簡単に説明しますと、
茶道の千家に関係するお茶碗や竹細工やら10のお仕事。
その仕事に携わっている人がみんぱくの所蔵品から
インスピレーションを受けて作品を作ったのです。
それを展示する企画なんです。
(あってるかしら…ううむ(>_<))
そんな感じです(笑)

インスピレーションを受けての作品ってなんじゃらほい。
いっちょ観に行こうかしらというわけなんです。

意外に茶道を知らなくても楽しめます。
「これが、これに!」とか「なるほど、これか」と思います。


ワタナベはお茶碗の人の圧倒的な文才に戦きました。
あら、作品じゃない(笑)
あの文章は楽しすぎます。やばし。
| おでかけ。 | 21:49 | comments(0) | ワタナベ |

がっしょう。



ついに、ついに行きましたよ

白川郷!!

愛知県から車で4時間ほど走っていただきまして。
すごいところでござんすね、白川郷って。
小さな集落でちとびっくりしました。
荻町という集落なんです、中心は。

「一茶」という民宿に泊まりました。
白川郷で泊まりたいのになかなか予約が取れない中、
1部屋空室があったのでラッキー取らせていただきました。

いやあ、いいとこです。
静かです。
合掌造りの周りに巡らされている水路の水音。
風で雨戸がガタガタ鳴る音。
車や街の音なんて一切しません。

冬、寒かろうな。

そんなことを思いながら寝床につきました。
あっ、ご飯がめっちゃ美味しいです!!
おかずもだけど、白米が・・・つやつや!!
長居したら太ってしまうかもしれません(笑)

すごいぜ。

 

 

| おでかけ。 | 21:20 | comments(0) | ワタナベ |

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

plofile

categories

latest entries

recent comments

recent trackback

recommend

クウネルの本 もっと私たちのお弁当
クウネルの本 もっと私たちのお弁当 (JUGEMレビュー »)
クウネルお弁当隊

眺めているだけで幸せな気分。
作ればもっと幸せ気分。
美味しいものは誰もが笑顔に。

そのことをこっそりおそえてくれます。

links

ディスカバリー天気

archives

search

mobile

qrcode

sponsored links

others